権利収入とデイトレ生活を夢見て派遣で勝負!

権利収入とデイトレ生活を夢見て派遣で勝負!

私は権利収入を得るための時間は出来るだけ少ないほうが良いと思っています。後は労働的な収入と不動産的な権利収入は有る意味良いところで分けておくべきだと思ってる。いやまって。

 

 

正社員として一つの会社に縛られて働くよりも、派遣社員として自分のスキルを武器にライフスタイルを充実させていきたい・・そう考える人も多いことでしょう。

 

 

正社員では中々自分の希望通りの仕事は見つからないものですが、派遣社員ならば条件にこだわって仕事を探すことができます。

 

 

もちろん派遣社員にはメリットがある代わりにデメリットもあり、実際に働いてみないと分からないものです。

 

 

私が派遣社員として働いた1年間で経験したこと、感じたことについて紹介します。

 

 

私が参考にした権利収入はこれ

 

 

 

時代に合わせた権利収入の構築方法がある。今は100%ネットを活用するのがおすすめ!

 

 

レバレッジを最大にかけることができるし、一人の力で権利収入のように時間をいくらでも増やす事ができるんだよね。

 

 

・支店数が多く仕事が多かった派遣会社

 

 

私が利用したのは「テンプスタッフ」という派遣会社でした。

 

 

テンプスタッフは業界でも大手で、ほぼ女性メインに派遣先を紹介しています。

 

 

 

 

 

それだけに女性が活躍できる仕事が多く、条件も「残業なし」「土日祝祭日休み」という条件でも遠慮せずに主張することができました。
テンプスタッフは都内に多くの支店があり、一つの支店に登録すると他の支店からも紹介されるシステムになっています。

 

 

 

短期で契約を終えてもすぐに次の仕事が来るので、仕事が途切れる心配がありませんでした。

 

 

100点満点で採点すると80点は取れるところです。

 

 

・なるべく多くの職種で登録しておくと便利

 

 

 

私はそれまで勤めていた会社で経理部に所属していました。

 

 

 

テンプスタッフに登録する際には「一般事務」を考えていたのですが、登録の際の面談で「勿体ないのでもっと多くの職種に登録した方がいいですよ」と言われたのです。

 

 

英文科卒業でそれまで運輸業界にいたことで、一般事務の他に「英文事務」「経理事務」「英文経理」「貿易事務」「データ入力」に登録をしました。

 

 

 

 

何か一つスキルがあるだけで一般事務よりも時給が高くなることが分かり、アドバイスして貰って良かったと思います。

 

 

・外資系企業に派遣されて充実したこと

 

テンプスタッフに登録した翌日、早速仕事の紹介がありました。

 

 

 

 

内容は外資系企業の経理事務で、職種としては「英文事務」に当たります。

 

 

 

紹介された企業は都心にあるオシャレなビルにある外資系企業で、こんなキレイなオフィスで毎日働けるのかと感動してしまう程でした。

 

 

 

仕事の内容は毎日のファックスや社内便の管理と電話応対、パソコン作業もありました。

 

 

外資系と言っても日本人スタッフばかりですので、余程のことがなければ英語で話す機会はありません。

 

 

最初は不安だったのですが書類もだいたい同じ内容の英文ばかりでしたので、すぐに慣れました。

 

・私にとっての派遣会社で働くメリットとデメリット

 

 

私が派遣会社で働きたいと思った理由は、簿記の資格を取得して外資系企業で働きたいと思ったことでした。

 

 

それまで5年間日本の企業で経理部に所属していたのですが、英文科卒の為に簿記を学んだことはなかったのです。

 

 

将来的にキャリアアップして転職を希望していたのですが、土日は自分の趣味のバンド活動の為に使いたいと思っていました。

 

 

そこで残業なしの条件で働き、平日の夜間に簿記の学校に通おうとした時に、派遣という働き方がピッタリだったのです。
派遣社員にはデメリットもあります。

 

 

それは休んでしまうとその分収入が減る、という点です。

 

 

 

その為に体調管理には十分に注意して、風邪を引かない様にしていました。

 

 

 

 

もちろんボーナスは出ないので、ボーナス支給日には少しさみしい気持ちになります。

 

 

 

・自分のやりたことが決まっていれば派遣の方が充実できる

 

私は1年間で簿記の資格を取得して、更に就職活動を経て運良く正社員として外資系企業に就職することができました。
プライベートも充実していたので、殆どストレスも感じませんでした。

 

 

何かやりたいことがあって、その為に一時的に残業ができない、休みが多くなるという場合には、派遣社員としてある程度の収入を確保するのがお勧めです。
その他にも自分のスキルを徹底的に極めたい場合には、最新の技術を持っている企業で学ぶ為に派遣を選んでいる人もいました。

 

 

自分のライフプラン、キャリアプランがしっかりしていればそれに見合った良い派遣先が見つかります。

 

 

 

派遣社員は仕事が楽と言われていますが、決してそうではありません。

 

 

 

企業は派遣社員に即戦力を期待していますので、一定のレベルでないとすぐに切られてしまいます。

 

 

 

能力次第で社員と同じ位責任のある仕事を任される人もいます。
現在正社員で辞めたい位仕事が辛いと思っている人は、一度自分のキャリアを整理する為に派遣で働いてみるのも良いと思います。

 

 

腸内フローラ増やし方解説※乳酸菌サプリメントで綺麗な腸内環境!

 

 

腸内環境も仕事と同様で凄く健康維持の為に大切ですね。